• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験情報局
  • スタディパス

私立中学

共学校

されじあんこくさいがくえん

サレジアン国際学園中学校 現校名「星美学園中学校」2022年4月より校名変更

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

デジタルパンフレット

学校詳細

建学の精神、教育理念

「共に喜び、共に生きる」アシステンツァによって育まれる心

「世界市民」という将来像に近づくために不可欠となる心の成長。サレジアン国際学園では毎日の学校生活の中、様々な機会を通して生徒と教育と家庭が強く関わりを持ち、生徒一人ひとりの心に愛情と信頼を形成することで教育の成果を生み出す。このことを同校では「共に喜び、共に生きる(アシステンツァ)」教育と呼んでいる。この考え方を基板として、同校独自の様々な教育プログラムが組み立てられ、心身ともに調和のとれた健康な人格の育成を目指している。

教育の特色

PBL型授業・「本科」「インターナショナル」の2コース制を導入

サレジアン国際学園では、PBL型(問題解決型)授業を全教科で導入。従来の知識詰め込み型ではない問題解決型の能動的な学びにより考え続ける力を、そしてICTを活用したプレゼンテーションの機会も設けることでコミュニケーション能力も伸ばす。
また、特色ある2つのコースも新設。「本科クラス」では、PBLで培った思考力を生かした探究型授業の「個人研究」があり、生徒自身の興味関心のある分野を深く学んでいく。「インターナショナルクラス」では、授業は英語力に応じてStandard Grop(SG)とAdvanced Group(AG)の2展開を実施。AG は帰国生など英語が堪能な生徒を対象とし、英、数、理、社の授業をオールイングリッシュで行う。SGは週10時間の英語授業をはじめ、学校生活全体を通して英語でのコミュニケーションが溢れる環境の中、刺激を受けながら英語力を飛躍的に伸ばしていく。高校では、確かな学力を身につけ国公立大・難関私大を目指す「本科コース」に加えて、海外留学プログラムのある「グローバルスタディーズコース」を新設。より実践的な英語授業や留学で語学力・国際感覚を養い、英語で学ぶ国際系大学や海外大学への進学を希望する生徒のバックアップを行う。

施設設備

全普通教室に電子黒板を完備、ICT環境も充実

都内にありながら緑豊かなゆとりのキャンパスで、幼稚園、小学校から短期大学までともに学ぶ。200mトラックの取れるグラウンド、体育館、軟式・硬式テニスコート計6面、プールなどの充実した設備に加え、2020年度には普通教室棟のリフォーム工事が完了。全普通教室に電子黒板を完備しICT環境も整う。更に2021年度には特別教室棟のリフォームも実施予定で、現状3万6千冊の蔵書を誇る図書室はさらに2倍以上の広さに。蔵書を大幅に増やし、科学の専門誌や洋書コーナーも充実させる。また、大学の研究室にも匹敵する機器を導入したサイエンスラボも新設予定。

学校行事

生徒一人ひとりの個性を伸ばし、自主性を育む

本校では生徒一人ひとりの個性を伸ばし、自主性を育む絶好の機会として行事を大切にしている。5月の聖母祭(創立記念日)は9日間の準備期間を設け、幼稚園から短大までの全生徒、卒業生や保護者も参加して祝う。6月には体育祭、10月には星美彩(文化祭)があり、実行委員会を中心に、計画、広報、実施まで生徒が主体的に取り組む。11月には追悼ミサ、林間学校(中2)、修学旅行(中3)、12月にはクリスマスミサ、2月にはマラソン大会、3月には卒業ミサ(中3)がある。

進路指導

約8割の生徒が現役で4年制大学に進学

6年間を通して系統的にキャリア教育を行っている。中学では、病院や公共交通機関などでの職場体験、様々な分野で活躍する社会人を招いての職業ガイダンスなどを実施。高校では、大学教授を招いての大学模擬授業、論文・面接指導、約50校に及ぶ大学合同説明会などを行う。例年、大半の生徒が現役で4年制大学に進学。指定校推薦も上智大、青山学院大、立教大、成蹊大、獨協大、日本歯科大、日本薬科大、日本女子大、聖心女子大、など100校以上ある。

その他

新入試制度導入でさらに受験しやすく

同校では2022年入試より2月2日午後に自由選択2科(60分)による『自由選択2科入試』を導入する。算数・理科、国語・社会の中から、受験生が好きな科目を選んで受験できる。対象は本科クラス、インターナショナルクラスStandard。2科目で100点満点、60分間の試験のため、集中して得意な科目で高得点を狙うことが可能となる。

この学校の