• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験情報局
  • スタディパス

私立中学

女子校

ふじむらじょし

藤村女子中学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

デジタルパンフレット

学校詳細

建学の精神、教育理念

女性としての未来の確立

建学の精神に「知・徳・体に基づく人間教育と女性としての未来の確立」を掲げている。「知」=自ら学び考える力、「徳」=他者を思いやる心、「体」=心身健康力の3つの力の育成をめざす。

教育の特色

中学は2コース、高校は志望に応じて6コース

藤村女子中学校では、2030年以降を見据えた教育を展開している。学校の役割を「知識の定着する場」から「自ら考え、行動し、表現する力を身につける場」と捉えている。同校の学びの特徴は、オリジナルプログラムによる探究的学習。まず、視野を広げ、様々な人と協力することを体験するゼミ活動だ。3年間で6種類のゼミ活動を学年と教室を越えて行っている。この授業が週2時間設定されている。さらに、個性を伸ばすための「自己探求」「自己表現」「自己研鑽」という授業が、毎週1時間ずつ時間割の中にある。エンターテイメント論を学び、イベントの企画・制作を行い、他者の感情の動かし方や発表の方法などを学んでいく。このような取り組みのベースになるものが基礎学力。そのため、基礎学力の定着に力を入れた授業展開となっており、大学進学の計画も反映されたカリキュラムとなっている。

施設設備

茶道室、温水プール、3つの体育館

藤村女子中学校の美しい校舎には施設が充実している。蔵書3万冊の図書館、最新型のパソコンを設置したマルチメディア室、自習のできる学習センターは夜8:30まで開放、グランドピアノを設置したカフェテリア、茶道室。体育施設としてトレーニングルーム、3つの体育館、温水プール、テニスコート、柔道室。売店はコンビニがある。校舎の周りはアートギャラリーになっており、生徒の美術作品を展示し地域の人にも見てもらっている。

学校行事

体験を重視した様々な行事

旅行では、中学1年生でHR合宿に行き、中学3年生で修学旅行へ行く。その他にも、高校生と一緒に参加するスポーツ大会や演技発表会、文化祭などがある。体験を重視した行事としては、様々な専門家をお招きするキャリア講演会や、地域のお店に協力していただいている職場体験などもある。

部活動

伝統の新体操部は全国大会出場

藤村女子中学校では創立時より女子の体力づくりに力を入れ、運動部の実績を築いている。現在は文化部の活動も盛んだ。全国大会出場の新体操部を始め、器械体操部、水球部、競泳部、ダンス部、テニス部、柔道部、トワーリングバトン部、陸上競技部など13。文化部は囲碁部、華道部、合唱部、児童文化部、クッキング部、茶道部、吹奏楽部など9。同好会は軽音楽など2。

進路指導

指名補習、夏期勉強合宿、大学入試直前講座

充実したコース制により、生徒個々に合わせた指導を行い、高い進学実績をめざしている。学習サポートにも力を入れ、朝学習では英単語の学習を行い、漢検・英検に備える。指名補習、冬期・春期講座、アドバンス講座。模試研究講座なども実施している。
将来を見越した進路への意識を高めるために、職場体験・職場インタビューなど、ふじむらノート(進路ノート・目標達成日課表)を用いて取り組む。
近年国公立大学、早慶など難関私立大学への合格実績が伸びている。

その他

海外支援のボランティア活動に参加

ボランティア活動を推進している。その一つが、水不足に苦しむ国に井戸を寄贈する「井戸を世界中に22万基掘る会」への参加。世界地図を購入することで、海外の国に井戸を寄贈することができる大規模プロジェクトだ。藤村女子中学校より6基の井戸が寄贈されている。また、「救缶鳥(kyu-can-cho)プロジェクト」にも参加している。地震などの震災用の非常食「缶に入ったパン」を購入し、2年後に再購入すると同時に未使用のパンの回収をし、海外の飢餓に苦しむ人たちへの義援物資として届ける国際貢献プロジェクトだ。

この学校の