• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験情報局
  • スタディパス

私立中学

男子校

せいがくいん

聖学院中学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)

説明会名:2015年度入試報告会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2015年4月21日(火) 晴れ 10:00 10:30~12:00 講堂

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約160人

父親の参加率

約10% 夫婦2名にての父親参加が大多数。

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
50% 40% 10%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
○※1 - -

[ 入試問題/解説 ※1 ] 2015年度一般入試および特待入試の問題用紙と解答用紙(国語、算数、理科、社会。模範解答付)

[ 備考 ] 聖学院中学校・高等学校からのお知らせ(ビラ1枚)、校内見学用の使い捨て土足カバーなど

説明会に参加してみて説明会に参加してみて

キリスト教にもとづく教育を行う学校として品位があり、生徒や保護者を包み込むような温かい校風が伝わってきた。先生方は穏やかで、話も分かりやすい。生徒の話を直接聞けたのもよかった。副校長先生との会話形式により、生徒の自然な言葉が聞けた。生徒会長はしっかりとして、大人たちの前で落ち着いて話をしていた。また、二人の会話から、先生が生徒を独立した個人とみなし、尊重しているようすが伝わってきた。男子教育として、そこが最も大切な点かもしれない。
(N.S)

開始前の動画上映 30分 スライドショーでの聖学院の体験行事等を紹介。
説明会時間:1時間20分

プログラム1

15分

(10:35~10:50)

教育理念・沿革、教育の特色についてと2015年度入試全体報告

説明者:清水副校長先生

一人ひとりを大切にする「Only one教育」を行う学校として、今年創立109年を迎えた。教育の特色は、
1.6年間かけて生徒をゆっくり、じっくりと育てる。
2.タイ研修旅行などアジアの視点を持った教育を行う。
3.論理的思考力を育てるためのさまざまな授業を行う。
2015年度入試全体報告(全入試の受験動向と具体的分析)。出願数増加率は都内男子校3位で前年比121.6%となった。動向・分析として、一般入試、特待入試の全日程の出願者数、受験者数、実質倍率、合格最低点等をスクリーンに表示しながら説明を行う。主な併願校も紹介(獨協・成城・芝など)。

プログラム2

40分

(10:50~11:30)

入試4教科(国語・算数・社会・理科)の入試講評(各教科10分程度)

説明者:教科主任(4名)

入試結果・出題意図、勉強のアドバイスなど。各教科の一般入試、特待入試の問題別正答率をスクリーンに表示するとともに、配布してある入試問題も用いながら講評。正答率が高かった問題、低かった問題など具体的に説明。

プログラム3

10分

(11:30~11:40)

2016年度入試の見通し

説明者:清水副校長先生

第1回入試(2月1日午前)のみ特典として、試験直後に保護者向けに試験問題解説等を行う。第1志望者はぜひ第1回入試を受けてほしい。

プログラム4

10分

(11:40~11:50)

中学生徒代表挨拶

説明者:生徒会長

生徒会長(中2)より。副校長先生の質問に答える形で、志望動機、聖学院のよさ、学習面、部活、授業の特徴、行事について生徒会長が紹介。本人が受験した英語入試についても紹介し、最後に流暢な英語で挨拶。

プログラム5

5分

(11:50~11:55)

次回6月13日(土)の説明会の予告

説明者:清水副校長先生

次回6月13日(土)の説明会の予告。主な内容は、30周年を迎える糸魚川農村体験、英語の授業、家庭学習、進路実績、入試改革など。要予約。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:12:00~12:20 -
  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう