• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験情報局
  • スタディパス

私立中学

女子校

くにもとじょし

国本女子中学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

デジタルパンフレット

学校詳細

建学の精神、教育理念

新しい時代の女子教育

創立以来、79年間変わらない情操教育を行っている。
一、眞心の発揮
一、自然に対する素直さの涵養
一、恩を知り恩に報ゆる心の育成
3つの基本的な教えはそのままに、変化していく時代の中で国本学園の教育も、しなやかな強さを持つ「新しい時代の女子教育」へと変化をしている。
男子と女子では心身の発達速度が異なることを考慮し、生徒たちが能力をいかんなく発揮できるカリキュラムを設定。創立者の有木春来の「グローバル社会に貢献できる女性の育成」という教育理念の実現を目標としている。

教育の特色

DDコースとLAコース

国本女子中学校の特色は、2020年よりスタートしたダブルディプロマ(DD)コースとリベラルアーツ(LA)コースがあげられるだろう。
DDコースは、国本女子中学校・高等学校の授業だけでなく、校内にあるKunimoto Alberta International School(KAIS)の生徒としても授業を受けることになる。KAISはカナダ認定のAlberta Accredited International Schoolであり、世界的にも高水準な授業を国本の校内で受けられる。中学1年から2年までのKAIS Middle Programでは、アルバータ州の中学での授業(English Language Arts)と英語4技能をネイティブスピーカーの教員から教わり、中学3年からの4年間はKAIS Diploma Programを学習。日本の中高の授業と、カナダの高校の授業を両方受講し、 ダブルディプロマ(2つの高校卒業資格)取得を目指す。アルバータ州の高校の授業を受けることで、世界の多様な文化や価値観を学び、視野を世界に広げていく。特徴として、英語学習を中1で週12時間を行う。中2からは、通常授業のうち、数学・理科・社会は週6時間を英語で授業を行う。
LAコースは、進路実現のために自分のキャリアを見つめる体験型授業を行う。予測不可能な時代を生き抜くことができる、変化を恐れない真の実力を身につけるため、課題発見・問題解決能力を磨き、同校独自の「未来地図(キャリアデザイン)プログラム」を通して、将来身につけるべき専門性を模索、将来の進路を明確にしていく。LAコースの英語は週8時間学習。また今年から教養プログラムをスタートさせ、外部の有識者の講義も実施しており、文理両面からさまざまな探究学習を行いながら、生徒が進路に向かって学びを深めていけるように指導している。

施設設備

駅から2分!安心安全な通学路

国本女子中学校・高等学校のキャンパスは、世田谷区にあり、小田急線・喜多見駅から徒歩2分。小田急バス(二子玉川・渋谷⇔調布)の喜多見駅南口下車徒歩3分、二の橋下車徒歩2分と便利。喜多見駅からのルートは商店街で明るく、安心して通学できる立地だ。
幼稚園から高校まである国本学園ゆえに、幼稚園児や小学生の元気な声も聞こえてくる。大人数のマンモス学校にはない、少人数制の学校ならではのアット・ホーム感も魅力だ。

学校行事

体育祭&文化祭は中高一緒に

体育祭、記念祭(文化祭)などの学校行事は、中高合同で実施。同校には、上の学年の生徒が後輩にいろいろなことを教えるという風土がある。中学1年と2年はイングリッシュキャンプや沖縄研修も実施。沖縄研修は、国本女子で継続している行事のひとつ。民泊をして沖縄の方と交流し、研修結果は記念祭で発表を行う。
また、DDコースは、中学3年でカナダ・アルバータ州研修に参加し、高校からスタートするKAIS Diploma Programに必要なことを確認。高校では、サマースクールに参加し、高校卒業資格に必要な単位を取得する。

部活動

全国レベルで活躍するクラブ活動

同校は部活動が活発で、全国レベルで活躍する部も存在する。吹奏楽部は学校行事だけでなく地域イベントにも積極的に参加。また全国区のコンクールでも結果を残しており、2019年度は東京都高等学校吹奏楽コンクールA組で金賞を受賞するなど受賞歴は多い。ソフトテニス部はインターハイ出場、ラクロス部は、第16回中高女子ラクロス秋季関東大会 決勝リーグ進出(2年連続)、バスケットボール部は、関東高等学校女子バスケットボール選手権大会に何度も出場している。

進路指導

DDコースは海外大学、LAコースは総合型推薦を突破する力を育成

2020年からスタートしたDDコースとLAコース、それぞれ、今の時代が必要とする学習プログラムを実施し、中高一貫6年間の学びが、大学受験や就職活動の際、大きな力を発揮できるように指導している。DDコースは、海外の大学も視野に入れた進路指導を行う。中高でカナダ・アルバータ州の英語授業を行い、高校卒業までに英検準1級以上を取得。海外大学進学可能な十分な英語力と教養を身につけさせる。
LAコースは、英語学習はもちろん、幅広い教養を身に付け、探究心を持って自ら行動し、問題解決ができる人材を育成する指導をしている。LAコースの進路選択は、英語、音楽、芸術、医療、体育など幅広い。大学受験に関しては、志望大学の総合型選抜を突破する力を養うため、高校1年から小論文と面接対策を始めている。自分が何をしたいか、どのような社会人になりたいのかを多くの学びで見極める6年間になるだろう。
放課後、進路指導室には女子大生のチューターが生徒たちの相談に乗ったり、勉強を教えてくれたりしている。彼女たちのリアルな大学生活の話も、進路を決める参考になるはず。同校の生徒の志望進学率は90%と高く、6年間の学習の成果が結果として表れている。

その他

帰国子女、インターナショナルスクール出身者が増加傾向

DDコースの受験者は、英語学習に魅力を感じて受験する生徒が多く、帰国子女、インターナショナルスクール出身者も多いが、入学後に英語学習をスタートする生徒もいる。受験科目は、英語入試もあるが、国語・算数(2科目)の受験もあり、英語ができる生徒だけが入学しているわけではない。入学後、英語が得意な同級生と共に学ぶことで、刺激を受け、「早く追いつきたい」と英語の勉強をとても頑張る傾向にあるそうだ。少人数制のため、質問もしやすく、学習環境は抜群だと言えるだろう。
またDDコースとLAコースの2コースの設置により、各大学からの問い合わせが多く、今後、推薦入試や高大接続の流れが大きく前進する可能性もある。

この学校の