• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

いくぶんかん

郁文館中学校 

学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)

説明会名:第1回 学校説明会&進学実績報告会

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2015年6月13日(土) 晴れ - 14:00~15:30 特別教室

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約70人

父親の参加率

約40% 含夫婦連れ

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 95% 5%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- - -

[ 備考 ] 進学実績、入試要項、イベントスケジュール、家庭学習ノートなど

説明会時間:1時間30分

プログラム1

15分

(14:00~14:15)

学校紹介

説明者:

学校紹介ビデオの上映

プログラム2

15分

(14:15~14:30)

学園の概要

説明者:校長

1.沿革・・・創立126周年。12年前から夢教育(キャリア教育)を開始。夢教育の柱として、①人間力の向上、②学力の向上、③グローバル力の向上を掲げる。2.これからの課題・・・2020年大学入試改革に対応。知識偏重→知識活用。問題発見、解決力が求められる。中学でPISA型の入試。本校は、適性検査型の入試を既に導入。3.本校の取り組み・・・不変、徹底した基礎学力の追求+アウトプットを意識した指導(英語4技能、ディスカッション、ディベート、小論文など)→グローバル力の向上(異なるものとの共存)

プログラム3

10分

(14:30~14:40)

本校の進学実績と他校との比較

説明者:高等学校教頭

26年の進学実績は、3年連続で東京大学合格(1名)、国公立合格18名、初めての国立医学部合格(筑波大学)、早慶上理ICU現役合格20名(前年比133%)、GMARCH現役合格74名(前年比148%)。グローバル高等学校では、4年連続で国際教養大学合格。海外大学は22名。進学実績を伸ばしている理由として、夢教育の成果、医進系コースなど多様なコースの設置。数字を用いて、近隣他校と進学実績の比較。中学入学時の偏差値は40だが、出口の進学実績が良い。

プログラム4

20分

(14:40~15:00)

中学校の取り組み

説明者:中学校教頭

1.学力の向上・・・①家庭学習記録ノートを活用し、学習習慣を確立する。②平常点システムの導入→日頃の努力を評価する(課題提出、小テスト、授業態度)。③模試弱点克服テスト→既習事項の徹底理解と応用力の育成。2.人間力の向上・・・①夢手帳の活用と夢カウンセリング ②学校行事・・・夢合宿、郁秋祭(文化祭)、体育祭、卒業論文 ③クラブ、委員会活動・・・中高一緒に活動するクラブが多数。3.グローバル力の向上・・・中1、2年のイングリッシュ・シャワー、ヤングアメリカンズ、アジア・オセアニア研修 。これらの取り組みで最終的に目指すものは、「25歳、人生の主人公として輝いている人材の育成」

プログラム5

20分

(15:00~15:20)

GL特進クラスについて

説明者:グローバル高等学院教頭

昨年度から特進クラス、一般クラスに加え、GL特進クラスを設置。背景として、2020年に大学入試制度改革。英語は、聞く、話す能力も判定。中高生版TOFELの開始。英語が話せるのは、もはや当たり前→問題は何を思考し、何を伝えるか→英語より「国語」「教養」 ●GL特進クラスの特徴・・・①担任が日本人、副担任がネイティブ ②グローバル高等学校との連携 ③反転型学習の導入→自宅ではネット授業で予習、学校で実践演習や討論 ④中3ニュージーランド短期留学(完全一人一校)

プログラム6

10分

(15:20~15:30)

来年の入試要項

説明者:中学校教頭

帰国生入試の継続、一般入試選択2科を「国・算」→「国・算・英」に変更。選択4科を「国・算・社・理」→「国・算・英」から2科+「社・理」に変更。郁文館の特徴的な未来力選抜(作文・面接)は継続。適性検査入試「2日程」→「3日程」に変更

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり なし

編集後記

長期の宿泊合宿(夢合宿)や、海外研修、海外留学、生徒主体の学校行事など、体験重視の教育を行っている。また、クラブ以外にも、同好会、研究会、委員会などの種類が多く、生徒たちの「やりたいこと」を応援している。中学生は19時半まで、高校生は20時まで、学校に残って自習ができる「のこべん」も面白い取り組みだ。進学実績も右肩上がりで、夢教育の成果が表れているように感じた。
(編集者 T.K)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

郁文館中学校の過去の説明会レポート

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする
  • 説明会を予約する