• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

どうししゃじょし

同志社女子中学校 

学校説明会レポート2018年度入試(2017年実施)

説明会名:中学入試説明会(第2回)

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2017年10月21日(土) 晴れ 12:30 13:30~15:10 講堂(チャペル)

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
不要 不要

参加人数

約450人

父親の参加率

約30% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
0% 10% 90%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
- - - -
説明会時間:1時間45分

プログラム1

5分

(13:30~13:35)

挨拶

説明者:校長先生

創立者新島蘘の意志を受け継ぎキリスト教主義に基づいた「心の教育」を行っている。聖書にいう「地の塩」「世の光」を実践する女性として社会のあらゆる方面で奉仕する人を育てていきたい。本校は今年で創立141周年を迎える。昨年新校舎「希望館」が完成し、今年は人工芝のグラウンドも完成した。

プログラム2

75分

(13:35~14:50)

学校紹介と入試全般について

説明者:入試センター部長

同社志女子は、2016年希望館が完成、2017年には旧校舎跡地に人工芝グラウンドが完成した。新校舎のコンセプトは「心を育む学びの森」。特徴は、中央部分に広々とした吹き抜け空間のアトリウムをつくり、生徒同志または生徒と先生のコミュニケーションの場として、また勉強する場として多彩な学びや活動が展開されている。ガリラヤ(食堂)では昼食以外に、クラブ発表や練習、勉強するの場として活用されている。メディアコーナーは各科目で勉強した内容を展示している。その他、自習スペースや教室前にはラウンジ、屋上は庭園となっている。
同社志教育の特徴は、
①キリスト教主義に基づく全人教育⇒生徒の心の教育、聖書に言う「地の塩」「世の光」を実践し社会のあらゆる方面で「奉仕」をする人を育てることである。そのために、毎朝の礼拝、聖書授業、宗教行事を行っている。毎朝20分の礼拝では、賛美歌、聖書、お話し、祈りの時間があり、自分のあり方、生き方など自分と向き合う大切な時間となっている。「あなたは地の塩、世の光である」
②自由主義教育⇒「真正の自由を愛する」一人ひとりが自らの個性を発揮できる環境
③国際主義⇒新島の精神を継承した世界で活躍する真の国際人の養成である これら3つの教育の上に立っているのが『良心教育』である。
同志社には4つの中学・高校があるが同志社女子中学校の特徴は以下である。
①同志社、関関同立の付属校の中で唯一の女子校で、女子の特性に応じた教育が可能であり教育効果も高い。様々な役割、立場を経験でき、異性がいない分、自分らしくのびのびと学校生活が送れる。
②同志社系列の中で唯一2つのコース制をとっており、理系分野・難関大学合格を目指すWR(ワイルドローバー)と同志社への推薦進学を目指すLA(リベラルアーツ)である。WRは定員40名、週6日制で合計38時間の授業、講習や数学強化合宿、京都市動物園での実習などがある。クラスの90%が理系でうち60%が医療系を目指している。LAは定員200名、週5日制で合計33時間、高校3年は週33時間のうち18時間が選択授業で、大学受験にとらわれない自由で多様な学びが実現できる。授業は月曜~金曜まではLA,WR一緒で行っており、土曜はWRのみとなっている。コース変更は中3、高1のどちらかで変更可能。コースによって進路の制約はない。そのため、LAコースからの理系進学も可能である。卒業後の進路は例年約90%が大学進学しており、今年の卒業生267名の進路は、同志社大学へ222名、同志社女子大学へ19名、26名が国公立など外部の大学へ進学している。本校は同志社大学、同志社女子大学のある今出川キャンパスに位置しており、高大連携講座には588名が参加し大学での授業を体験している。これは将来進路を決めるうえで大変重要である。国際理解教育として、ランゲージラボでの英語授業、オーストラリアへの語学留学、アメリカ ヌエーバ校との交換留学、オンラインスピーキング講座、英語少人数制、GTEC,TOEICの受検、英検の校内実施、同志社大学の留学生との交流など。入試制度については自己推薦入試、一般入試があるが、昨年からの変更点は今回よりネットによる出願となる。自己推薦入試は事前申請が必要、受験資格を獲得した受験生はこれまで不合格が出ていない。受験資格審査基準は、①小学5,6年生の学習成績 3段階×8科目×2年で48分の40点以上。②5,6年次の出席状況。③五ツ木(4科目)の成績 ④活動歴 4つのうち①~③が重要。入試当日は800字の作文、5分程度の面接。前回の自己推薦試験では、WRが申請者59名に対し、資格付与したのが11名で合格11名、LAは申請者130名に対し、資格付与したのが50名で合格50名となっている。資格を得られなかった受験生90名中、72名は一般入試に出願しており56名(WR9名、LA47名)が合格となっている。一般入試は前期が1月13日(土)、後期が1月14日(日)。1月19日が納入金の締切、1月24日が手続書類の締切、1月27日が招集日となっているが、それぞれのタイミングで追加合格が発生する可能性もある。

プログラム3

20分

(14:50~15:10)

入試傾向、対策

説明者:国・算・理・社の各教員

(国語)文学的文章1題、説明的文章1題。文学的文章では、場面の状況や登場人物の心情を問う。説明的文章は内容の理解、全体の構成を問う。対策は、普段からスピーディに文章を読み、内容を短くまとめる練習をする。わからない漢字、語句は辞書で確かめる習慣をつける。漢字は楷書で丁寧に、とめ、はね、はらいなど。なぜその答えになるのか説明できるような練習を積んでおくこと。
(算数)出題方針は例年通り、検定教科書の内容で標準問題。計算、数の性質、文章題、速さ、割合など幅広く出題。求め方を書く問題が1問です。単位などの指示を求める問題もあるので問題文をしっかり読んで指示に従ってほしい。求め方を書く問題は、少しでもわかったことを書くこと。答えがあっているかだけでなく、考え方が合っているかをみていきたい。対策は、自分の得意な問題、解ける問題から取り組む。国語力と計算力が大事、問題文を正確に読む、早く正確に計算する。
(理科)物化生地の4分野から出題。基本的な知識、実験から出たデータをもとに規則性、法則性を見出し、知識と合わせて考える問題がでる。漢字指定の答え、知識を複合して考える問題は差が付きやすい。対策は、複合問題に慣れる、類似問題をたくさん解く。現象がどのような仕組みで起きているのかを理解すること。
(社会)6年生までの教科書の内容が中心。歴史40%、地理30%、公民30%。時事的問題、語句の記述問題が2割、地理でよく出題されるのは、日本の産業、環境問題、地形、気候、日本とつながりの深い国など。歴史は古代から現代まで、各時代の政治、社会、文化、歴史的な資料。公民は憲法の歴史、国民の権利と義務など。正しい文字の記入をしてほしい。語句を覚えるだけでなく、背景をしっかり理解する。基本的な問題をまんべんなく正答できるように。特定の分野を後回しにしない。過去問を解いて慣れておく。

プログラム4

5分

(15:10~15:15)

入試に向けて

説明者:入試センター部長

昨年は前期の受験生233名中169名(73%)が後期も受験している。3日目以降では、同志社国際20名、同志社香里28名受験している。後期受験者429名中、同志社女子169名、同志社中学115名、香里26名の合計310名が同志社系列の中学を受験している。1月13日に本校、同社志中学、香里の3校の入試が重なる。それぞれの募集人数は本校240名、同志社中学220名、香里240名であるが、女子だけでみると本校240名、同社志110名、香里120名で同志社女子の募集人数が一番多い。初日の日程だけでみても、本校160名、同社志95名、香里110名となっているのでこのあたりの数字を参考にしてどの学校を受験するかを考えてほしい。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし なし

見学

校内見学授業見学
あり:15:15~15:30 なし

編集後記

同志社大学の系列中学校は他にも3校あるが、コース制をとっているのは同志社女子だけであり、進路選択に幅広く対応しているのが魅力です。また大学と同じ敷地なので高大連携も取りやすく、地下鉄の駅からすぐの立地にある利便性は大きな魅力です。ほかの系列3校は共学のため、女子の定員が一番多いのが同志社女子中学である点も注目してほしい点です。
(ST)

※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。

  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

同志社女子中学校の過去の説明会レポート

この学校へのお問い合わせはこちら

  • 資料請求をする