帰国生入試をおこなう「おすすめの私立中学校」

昭和女子大学附属昭和中学校(女子校)

帰国生に対する教育の特徴

2年生全員が参加するボストン研修や40年以上続く英国短期留学など、グローバル教育に力を入れてきた昭和女子大学附属昭和中学校が、2018年度から帰国生入試を開始します。同校には、「本科コース」と約1年間のカナダ留学(高1)を必修にした「グローバル留学コース」(2016年度に開設)の2つのコースがあり、帰国生も一般生と同様、入学時にコースを選択します。本科コースの英語の授業は、習熟度別の3分割。少人数で行っています。グローバル留学コースは、オールイングリッシュの授業を展開し、その大半をネイティブスピーカーの教師が担当。取り出し授業も実施しています。また、クラス担任も日本人教師2人とネイティブ教師1人の3人体制をとっています。 同校では、毎週金曜日を「イングリッシュデー」に設定し、英語を使ったアクティビティを行ったり、日常的に英語を使う機会を設けています。また、イングリッシュルームには、アメリカやカナダ、オーストラリア人の教師が常駐し、英語を学べるのはもちろん、出身国に関する話を聞いて、留学の参考にすることもできます。 そして、学校の敷地内には、500人規模のインターナショナルスクール「ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ」があり、様々な国籍をもつ同世代の生徒たちが通っています。定期的に交流会が催され、グローバル留学コースではブリティッシュ・スクールの先生が数学の授業を英語で行うなど、イマージョン教育も展開しています。 2018年度から帰国生を受け入れるにあたり、入試・広報部の小西泰先生は「自分の考えや意見を持ち、それを積極的に発信したり、行動に移せるのが帰国生の特長です。また日本と異なる環境で生活をして、苦労もあったはずですが、それを乗り越えてきた精神力もある。そういう点が周囲に良い影響を与えてくれると確信しています」と話します。「そして、帰国生が自分が住んでいた国の話をしてくれることで、一般生が海外へ目を向けるきっかけになればいいですね」。このように同校では、帰国生がリーダーシップを発揮してくれることを期待するとともに、帰国生にとっても、過ごしやすいグローバルな環境や、英語力向上のプログラムを整えています。

帰国生インタビュー

昭和女子大付属昭和中学校・高等学校では、帰国生入試を2018年からスタート。その帰国生入試を経て入学した中学1年生と編入試験を受けて入学した高校2年生と中学2年生に話を聞きました。

Yさん 高2(本科コース)
Kさん 中2(本科コース)
Oさん 中1(グローバル留学コース)

Q:みなさん、どちらの国からの帰国生でしょうか? またこの学校を選ばれた理由も教えてください。

Yさん:私はタイからの帰国生です。中2までこの学校に在学していたのですが父の仕事の都合でタイのインターナショナルスクールへ転校し、高2年のときに帰国。改めて転入試験を受けました。

Kさん:私はニュージーランドから帰国して、転入試験を受けて、中2の後期から昭和女子に入学しました。母からこの学校をずっと勧められていたし、私自身も憧れの学校だったので決めました。

Oさん:私は香港からの帰国生です。ずっと受けてきた英語教育を続けたくて、グローバル留学コースのあるこの学校の帰国生入試を受験しました。

Q:帰国生の入学試験について、また受験勉強について教えてください。

Yさん:帰国することが突然決まって、受験勉強する時間は全然ありませんでした。タイでは英語で授業を受けていましたので、国語と数学のテストを日本語で受けるのは難しかったです。英語のテストはできたと思います。

Kさん:国語のテストでは古典が難しかったです。数学は1、2年生の内容を復習して臨みました。

Oさん:受験勉強は、1日最長7時間くらい。塾で勉強をしたり、過去問を解いたりしました。スカイプで外国の先生と会話をして英語力を維持していました。

Q:入学するまでに不安だったことはありますか?

Yさん:高2からの転入で、友達ができるかとても不安でした。でも、私のクラスの子はみんないい子ばかり。仲良くなれてよかったです。

Kさん:学校生活の流れ、友達関係、勉強など不安なことはたくさんありました。でも、クラスの子がやさしくて、不安はすぐ解消されました。勉強もついていけていますし、毎日楽しいです。

Oさん:香港では日本人と接していなかったので、慣れない日本語で友達ができるのか不安でした。帰国後、公立の小学校に通って、日本人の友達を作るようにして、だんだん慣れていきました。

Q:昭和女子の行事やカリキュラムで好きなことは何でしょうか?

Yさん:ブリティッシュ・スクール・イン・東京(昭和女子大学の敷地にあるイギリス義務教育課程の学校)の生徒たちと交流ができるのがいいです。それに、中学生はアメリカのボストンへの研修旅行、高校生は修学旅行でオーストラリアなど英語圏の国に行けるところもいいと思います。短期留学ができるのも魅力です。行事では体育祭など、縦割りで行うところがいいと思います。先輩後輩で友達になるというのは、初めての経験でしたが、とても楽しかったです。

Kさん:中2でボストンへの研修旅行に行けることです。それから、授業で英語を使うことが多く、ずっと英語を忘れないでいられることがいいと思います。

Oさん:私は感謝音楽祭が良かったです。いままでお世話になった人を招待して、感謝の気持ちを伝える音楽祭です。私は父を招待して、父に捧げる詩と花束をプレゼントしました。高1になるとグローバル留学コースは、カナダへの長期留学ができるのでそれが今から楽しみです。

Q:学校生活で、帰国生ならではの出来事はありますか?

Yさん:友達から、英語の授業でわからないところを聞かれたり、たまに塾の宿題も聞かれて、教えることもあります。

Kさん:私もそうです。授業が終わると「わからないから教えて」と言われたりします。授業中に聞かれることもあります。

Oさん:週に2回「感話」という、体験したことや感じたことをみんなの前でスピーチするプログラムがあるのですが、グローバル留学コースは英語でスピーチをするんです。その英文を考えるときに「教えて」と言われたりします。

Q:将来は海外の大学への進学を考えているのですか?

Yさん:私はタイにいるときに、ケニアやカンボジアなどに行く機会がありました。生活は貧しいながら、みんな楽しそうに笑っていたのが印象的でした。将来は、この人たちを助ける仕事をしたいと思っています。日本の大学の国際学部に進学したいです。

Kさん:私は韓国語も話せるので、日本語、英語、韓国語、それぞれの言葉の通訳やキャビンアテンダントの仕事に興味があります。中国語など、もっと語学を学びたいです。

Oさん:私は海外の大学へ行きたいです。まだ行ったことのないオーストラリアやヨーロッパ方面に興味があります。

Q:昭和女子中学の帰国生入試を受ける人へのアドバイスをお願いします。

Yさん:帰国生入試を受ける人の中には、私のように準備期間があまりない場合もあると思います。国語と数学は難しいけれど、とにかく基本を勉強しておくことが大切です。試験当日は、わからなくてもとにかく書くことです。算数は、途中式を書けば点数になることもあるので、頑張って書いてください。

Kさん:私も編入が急だったので、あまり準備期間はなかったのですが、日本の国語と算数をやっておくことが大事です。英語は、会話はできても文法が苦手だったのでしっかり勉強しました。いろいろ不安なこともあるとは思いますが,自信をもって頑張ってください。

Oさん:海外生活が長い人は、国語と算数が不安かもしれないけど、あきらめないで勉強をしておくといいと思います。海外で生活することは、なかなか経験できることではないので、そのことを誇りに思って頑張ってください。

帰国生入試のポイントと日程

受験資格
海外に在住1年以上、帰国後3年以内。      
併設の高等学校に進学を希望する女子
募集人数
特に定めず
試験科目
・2教科または3教科の選択     
・2教科 国語100点 算数100点     
・3教科 国語100点 算数100点 英語100点     
※必須科目の国語と算数は、小学校6年生教科書レベルの「基本的な問題」を出題。英語は英検準2級~2級レベル。          
・面接(本人のみ)
合否判定
3教科受験者は、国語・算数の合計200点満点と、英語を加えた300点満点の点数を2/3にした点数を比べて、点数の高いほうを得点とする。

入試日程

試験日 試験名 募集人数 選抜方法 出願期間
2018/11/17(土) 帰国生入試

2教科(国語・算数)または3教科(国語・算数・英語)の選択。面接(本人のみ)※必須科目の国語と算数は、小学校6年生教科書レベルの「基本的な問題」を出題。英語は英検準2級~2級レベル。

11/1(木)〜11/15(木)

学校説明会日程等

開催日 開催時間 説明会名 予約
2018/11/10(土) 10:00〜16:00 昭和祭 -
2018/11/11(日) 10:00〜16:00 昭和祭 -
2018/11/19(月) 10:30〜14:30 オープンスクール(授業見学) -
2018/11/23(金) 10:00〜11:30 学校説明会 [要予約]
2018/11/23(金) 10:00〜12:00 入試問題解説 [要予約]
2018/12/16(日) 10:00〜11:30 学校説明会 [要予約]
2018/12/16(日) 10:00〜12:00 体験授業・体験クラブ [要予約]
2018/12/16(日) 10:00〜12:00 入試問題解説 [要予約]
2019/1/12(土) 10:00〜11:30 学校説明会(※授業見学ができます) -

※8/22(水)~8/24(金)の理科実験プロジェクトは1日のみの参加も可能です。

昭和女子大学附属昭和中学校

昭和女子大学附属昭和中学校

昭和女子大学附属昭和中学校

昭和女子大学附属昭和中学校

所在地・交通アクセス

〒154-8533 世田谷区太子堂1-7

TEL 03-3411-5115

  • 東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩7分

マップ

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る