• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

帰国生入試をおこなう「おすすめの私立中学校」

城西大学附属城西中学校(共学)

帰国生に対する教育の特徴

35年も前から、アメリカの姉妹校との交流をきっかけに、自然と帰国生が集まるようになった同校。生徒による「国際交流委員会」に代表されるように、生徒たちは主体的に国際交流に取り組んでいます。そんな活動もあってか、以前から毎年帰国生が入学していました。 帰国生入試の枠を設けたのは、昨年から。その狙いについて、田島清純副校長先生は「グローバル社会では、人と人が認め合うことが大切です。異なる環境で育った生徒が集まることで、それが学べ、クリティカルシンキングなども養われる。帰国生はリーダー的な存在になることが多く、日本育ちの生徒にとっても大変プラスなのです」と語ります。帰国生が、日本育ちの生徒に刺激を与え、帰国生も日本の文化を理解できるという、相互の影響を期待しているのです。 加藤晃孝校長先生も「文化の違いからぶつかることもありますが、そこも含めて、切磋琢磨しあえる環境です。実際に、帰国生入試をはじめてから学内は活発化しています。特に帰国生入試を設けた今年度の中1生は、しっかり話ができ、コミュニケーション能力が高い子が多いですね」と期待を寄せています。 同校が大切にしていることのひとつに「個性の尊重」があります。帰国生の場合、どの国でどんな体験をしてきたのかは、もちろんそれぞれ。帰国生の個性も学力もさまざまです。永年、帰国生を受け入れてきた同校には、そんな一人ひとりの個性をしっかり受け止めるノウハウが蓄積されています。それぞれの必要に応じて取り出し授業を行うなど、苦手分野のサポートもしっかりします。 英語においては、週4回の英語の授業で、苦手な帰国生の多い文法をおさえます。さらに、週3回の専任のネイティブ教員による授業や2名のJET*により、英語力を錆び付かせないよう工夫。レベル別に4技能を鍛える「アカデミックイングリッシュ」や英会話教室「ベルリッツ」とコラボレーションなど、充実のプログラムです。加藤校長先生も「生徒の個性に合わせる教育方針は、帰国生にも合うと思います。いろいろなご要望があると思いますので、まずはお電話でご相談ください!」と自信をのぞかせています。 *JET:外国語青年招致事業。英語を母語とする大学卒業者を日本に招聘。招聘された人材は、外国語指導助手 (ALT)などとして学校に配置され、英語の指導にあたる。

海外帰国生インタビュー

A君 中学2年生
(小1~5まで、アフリカのガーナのインターナショナルスクールに通う)

Q 城西中学校を志望した理由は?

A :文化祭で、明るくイキイキした印象を受け、「ここなら自由になんでもできる」と感じたからです。実際に今、とても自由に好きなことができています。一人ひとりが自分を表現できて、長所を伸ばせ、先生も先輩も優しい学校です。

Q 授業の印象は?

A :授業でも、自由に意見を言える空気がいいですね。英語では、苦手だった作文をフォローしてもらい、伸びています。国語の作文や漢字も苦手なのですが、漢字は毎回テストがあり、宿題が出ます。それが原動力になって、以前よりできるようになりました。

Q 海外では何を学び、その経験はどう活きていますか?

A :いろいろな視点で物事を考えられるようになり、作文などで活かせています。また、ガーナでは、僕と同じくらいの年の子が、道端で物を売っていたり、義務教育がなく学校に通えなかったりします。日本は本当に恵まれた国で、その分きちんと勉強を頑張らなきゃと思っています。

Q 将来の夢は?

A :外交官です。現地の人たちを助け、慕われている父のように、自分も働きたいなと思っています。

B君 中学1年生
(小1~4年生まで、アメリカ東部のメリーランド州の現地校へ通う)

Q 授業はどうですか?

A :ネイティブの先生の授業は、ゲーム感覚で楽しく、日本人の先生の授業は、リスニングを繰り返すので覚えやすいです。算数は日本のほうが進んでいるので、入試が難しかったのですが、今はだいぶできるようになりました。放課後、職員室に行くといつでも教えてくれるので、助かっています。このまま、数学をもっと頑張って、理系に進みたいなと思っています。

Q 海外の経験が活きていると思うことは?

A :やっぱり、英語の成績がいいことですね。でも、日本育ちなのに、アメリカにいた僕より上位の子もいるんです。もっと頑張ろう!と励みになりますね。

Q 現地でどんなことを学びましたか?

A :いろいろな友達と仲良くなれたことです。それが今も役立っていて、城西でもいろいろな友達と仲良くなれました。

Q 学校生活は楽しいですか?

A :はい! 教室でペチャクチャおしゃべりしたり、外で遊んだりするのが楽しいです。学校が広いのもいいですね。あと、食堂の食事がとってもおいしいです!

Q 海外経験が活かされたと感じたことは?

A :海外に興味のある子が多く、話しかけてくれて新しい友達ができました。

帰国生入試のポイントと日程

2科方式(国・算)もしくは3科ベスト2方式(国・算・英の3科を受験し、高得点の2科を評価)から選択。
英語は英検3級レベルを想定し、リスニングなし、筆記のみで実施。
帰国が間に合わないなどの事情があれば、日程の個別対応も可能です。

試験名 試験日 試験科目
帰国生第1回 2017/12/4(月)

科目(選択式)
2教科(国・算)または、
3教科(英・算・国から高得点2科)
※面接あり

帰国生第2回 2018/1/8(月)

科目(選択式)
2教科(国・算)または、
3教科(英・算・国から高得点2科)
※面接あり

学校説明会日程等

開催日 開催時間 説明会名 予約
2017/7/30(日) 10:00~ 第1回中学1日体験入学 [要予約]
2017/9/9(土) 14:30~ 第2回中学校説明会 [要予約]
2017/9/23(土・祝) 9:00~ しいの木祭(学園祭)  
2017/9/24(日) 9:00~ しいの木祭(学園祭)  
2017/10/11(水) 10:00〜 第3回中学校説明会 [要予約]
2017/10/26(木) 13:00〜 中学校合唱コンクール [要予約]
2017/11/5(日) 10:00〜 第2回中学1日体験入学 [要予約]
2017/11/6(月) 13:00〜 音楽祭 [要予約]
2017/11/25(土) 14:30〜 第4回中学校説明会 [要予約]
2017/12/9(土) 14:30〜 第1回入試説明会 [要予約]
2018/1/13(土) 14:30~ 第2回入試説明会 [要予約]

城西大学附属城西中学校

城西大学附属城西中学校

城西大学附属城西中学校

A君

城西大学附属城西中学校

B君

所在地・交通アクセス

〒171-0044 東京都豊島区千早1-10-26

TEL 03-3973-6331

  • 西武池袋線「椎名町駅」より徒歩7分
  • 地下鉄各線「要町駅」より徒歩6分

マップ