• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

よこすかがくいん

横須賀学院中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

建学の精神は「敬神・愛人」

建学の精神「敬神・愛人」のもと、キリスト教教育を行っている。「敬神」とは神を敬い、謙虚な自己を認識することを意味する。また、「愛人」とは自分を愛するように他者を愛し、お互いをかけがえのない人格として尊重する心を指している。

教育の特色

国内外の国際交流プログラムを推進

高校入学生とは別クラス・別カリキュラムで教育を行っている。1クラス35人以下の少人数でクラスを編成し、中2・中3の英会話はネイティブと日本人教師によるTTで実施。英語・数学は、中1から一部グレード別。古典は、高1から習熟度別クラスで授業を行う。中1の生徒全員がタブレットを持ち、効率よく授業を進めている。
主要5教科は小テストを定期的に行うことで、基礎学力を確実に身につけている。また、図書館とのコラボプログラムで、読書力、プレゼン力を高めている。大学入試を意識し、ベネッセ「学力推移調査」を年3回実施。これにより、中1の段階から全国のレベルを意識し、大学の合格可能性判定を得ることができる。
グローバル教育にも注力。中学では宿泊による国内英語研修や、韓国・済州島サマーイングリッシュスクールで短期語学留学を体験し、英語の実践力を高める。さらに、中3・高1の希望者によるオーストラリアのシドニー、高2希望者によるブリスベンの約16日間の語学研修も実施。ホームステイし、バディの通う現地校で一緒に授業を受ける。このほか、中3・高1を対象に、ニュージーランドでの3ヶ月間のターム留学制度が新しく始まった。

施設設備

最新の耐震基準による校舎を建設

東京湾の内海近くに立地。気候温暖で空気もよく自然環境に恵まれており、生徒たちは6年間のびのびと学ぶことができる。施設も充実。主に中学生が生活する3号館と、60周年記念チャペル棟は新しい校舎で、最新の耐震基準を満たしている。東京湾の内海は、津波の被害について県が想定していない中、学校独自に津波の想定をしている。万が一の場合は、3号館の3階か屋上に避難する。
日常的なセキュリティーについては、日中は警備員を配置。監視用カメラも複数台設置するなど、安心・安全な環境確保に努めている。

学校行事

縦割り全校遠足

異質な存在であるお互いを認め合い、助け合って生きていくことを学ぶために、たくさんの行事を行っている。4月は縦割り全校遠足として、学年を超えた縦割りグループでオリエンテーリングを実施。6月は体育祭、9月の文化祭では中3のエイサー公演が名物行事。11月はクラス対抗合唱コンクールがある。

部活動

学習と両立出来るクラブ活動

クラブ活動を生徒一人ひとりの個性を伸ばし、自尊感情を高める大切な機会ととらえる。クラブ活動は希望制で、9割の生徒が活発に活動している。運動部は、バスケットボール部、ソフトテニス部、陸上競技部、サッカー部、男子バドミントン部。文化部はハンドベル・クワイア、家庭科部、イングリッシュクラブ、理科学部、写真部、美術部、吹奏楽部がある。

進路指導

放課後学習サポートが充実

学習サポートが充実。B.L.T.(ベーシック・ラーニング・タイム)として、週3回放課後に、英数国で指名補習を行うほか、個別指導によって理解不足や苦手箇所を克服する。A.L.T.(アドバンスト・ラーニング・タイム)は、スモールステップの単元別学習に取り組む自律学習の時間。19:00まで開放している学習室で行うため、部活と両立可能。学習室には管理担当者が待機し、いつでも質問に応じる。授業・課題把握・家庭学習のサポートにも力を入れ、着実に学力を伸ばせるようしっかり指導する。
さらに中2~高1を対象に、英・国・数で国公立・難関私立大につながる力を養成する特別講座を開講。アップル社のiTunesUによる講座配信も行っている。
なお、横須賀学院中学校では、2009年に青山学院大学と教育提携協定を締結。高大連携教育や職員間の交流を推進している。また、推薦入学制度の充実を図っている。

その他

体験学習プログラム

横須賀学院中学校では、さまざまな体験学習プログラムを展開している。中2は清里自然教室を清里寮にて行い、酪農や農作業などを体験する。中3は沖縄自然教室を実施。イノー(珊瑚礁池)の観察などを通して自然との共生を考え、沖縄戦の学習を通して「平和」の意味を学ぶ。 高2は海外体験学習として2018年はベトナムを訪れ、「世界の隣人と共に生きる」をテーマに現地学校と交流する。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう