• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

とうきょうじょがっかん

東京女学館中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

高い品性を備え、人と社会に貢献する女性の育成

東京女学館中学校では「高い品性を備え、人と社会に貢献する女性の育成」を教育目標に掲げています。この目標を支える柱が、「他者を思いやる心の育成」「基礎・基本に根ざした個性の伸長」「自ら問題を発見し、解決する力の育成」 です。
さらにこの教育目標を具体的に実現するための実践課題として、A 自国文化の理解、B 国際的視野の育成、C 平和教育の推進、D 環境教育の推進、E 情報教育の推進、F ボランティア学習の推進――という6つのテーマを設定しています。

教育の特色

国際学級と一般学級を設置

東京女学館中学校では世界を舞台に活躍できる女性の育成をめざして、帰国生および一般生から成る国際学級を設置しています。中学では英語経験別に3グループに分け、ネイティヴ教員と日本人教員の3名がチームで担当し、きめ細かく指導します。また中1からGTEC受験を実施し、高校生になるまでに英検2級合格を目指します。高校では国際コースとなり、国内大学・海外大学への進学に合ったカリキュラムが選択できます。
一般学級も英語をはじめ各教科バランスよく学び、時代に応じた確かな学力を育成します。英語・数学は少人数授業。中学で行う英語の「訂正ノート」は伝統の指導です。小テストを貼り付け、出来なかった問題を自分で復習し、担当教員に提出。ノートのやりとりは、生徒が確実に理解できるまで続きます。
国際交流プログラムも充実しています。アメリカ文化研修、東南アジア文化研修、マレーシアやタイ、韓国の提携校との相互交流、イギリス・アメリカへの長期留学など、国際学級・一般学級ともに実施します。
言語教育・コミュニケーション教育も伝統です。国語の1分間スピーチ、ディベート、社会の「歴史研究ノート」や「ニュース・ノート」の作成など多くの教科で「書く力」「話す力」を伸ばす活動を取り入れています。
芸術教育も力を入れています。中学では琴、高校ではギター、ヴァイオリンの選択科目を設置。芸術分野に秀でた生徒も多く、校内記念講堂では生徒によるピアノやヴァイオリンのコンサートが開かれます。校内には油絵や書道など完成度の高い作品が展示され、みんなで称えます。

施設設備

スタンウェイのフルコンサートピアノを設置

東京女学館ではゆとりある美しいキャンパスで小学校から高校までともに学びます。記念講堂は照明や音響など最新の諸設備を備え、スタンウェイのフルコンサートピアノを所有。図書館は蔵書約6万1千冊。体育館は3つ、うち一つは観客スタンド設置で国際試合も開催できる広さです。開閉式天井の快適な室内温水プール。収納力・使い勝手とも抜群の個人ロッカー。広い食堂はメニューも豊富で焼きたて自家製パンも人気です。

学校行事

中1から高2まで毎年行われる宿泊行事

東京女学館中学校では年間を通じてさまざまな行事が行われます。5月は中2のイングリッシュキャンプ、中3の沖縄修学旅行、そして高1の研修旅行があります。7月には中1が軽井沢学習寮へ行き、自然に触れ友と親睦を深めます。3月は高2が京都・奈良修学旅行へ行きます。

部活動

オーケストラ部、染織部、パフォーマンス部など多彩

東京女学館中学校ではクラブ活動が盛んです。活動日は週2回~3回などクラブによります。運動部はダンス部、バレーボール部、テニス部、水泳部など(計9)。文化部は映画制作部、茶道部裏千家・表千家、ギター部など(計22)。部員100名超のオーケストラ部、型紙を彫ってTシャツや風呂敷などの染めを行う染織部、ジャグリングなどを行うパフォーマンス部、毎年テーマを決めて人形を型紙から制作するMIY部などユニークなクラブが豊富です。同好会は軽音楽同好会、ガーデニング同好会、サッカー研究同好会など(計5)。

進路指導

例年東大、一橋大などに合格。難関私立大・医歯薬系も多数

東京女学館では生徒が中心になって進路について学びます。中3では働いている方へのインタビューを通して職業研究をします。高1の研修旅行では1人1人自分自身の将来の目標についてスピーチを行います。このような機会を通して職業観を養い進路選択に向けて自己をみつめます。高2以降は文理に分かれて大学進学を見据えて学習し、自由選択科目も多様に設置されています。
例年東大、一橋大、東京外語大、東京藝術大、国際教養大など難関国公立大に合格、私立大学も早慶上智、東京理科大、GMARCH、医歯薬系など多数合格しています。指定校推薦は東京女子医科大、聖マリアンナ医科大、、慶應義塾大、早稲田大、上智大、立教大、青山学院大、北里大など多数受けています。

その他

インクルーシブリーダーシップを育成する生徒会活動

東京女学館中学校では生徒自治を推進しています。その中心となるのが生徒会です。生徒総会を最高の議決機関とし、生徒会長をはじめとする執行委員会、各委員会の委員長などが中心となって、全校生徒が協力し合い、学校行事や日常生活のルールなどを民主的に決定します。また、体育大会、修学旅行、研修旅行は生徒主体の実行委員会により運営されます。
こうした活動は、東京女学館がめざす「リーダーシップ」と「インクルーシブリーダーシップ」の両方の養成に役立っています。インクルーシブリーダーシップとは、人間同士の信頼関係を自ら築き、それを基によりよい社会をつくりあげていく力のことであり、東京女学館では21世紀を生きる人々に求められる力として大切にしています。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る