• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

とうきょうじょがっかん

東京女学館中学校 

学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)

説明会名:中学校説明会 第3回

開催日 天気 受付開始 開催時間 場所
2015年9月8日(火) 雨 9:30 10:00~11:40 講堂1階

申込み(予約)

必要

申込み方法

HPハガキ電話FAX
- - -

持ち物

申込み控え上履き
必要 不要

参加人数

約400人

父親の参加率

約5% -

服装

フォーマルスマートカジュアルラフ
10% 90% 0%

子供向け企画

なし -

配布物

学校案内入試問題/解説願書説明会レジュメアンケート用紙
無料

[ 備考 ] 座席指定票、生徒会作成の学校紹介冊子、学校説明会資料集

説明会に参加してみて説明会に参加してみて

あいにくの雨にも関わらず大勢の保護者が参加しており人気の度合いがうかがえた。都会の一等地にも関わらず、敷地もゆったりしており抜群の教育環境である。授業見学をしたがどの生徒も落ち着いており、まじめで勉強熱心な印象を受けた。日頃の授業への取り組みが近年の大学合格実績の高さにつながっているのだと感じた。
(ST)

説明会時間:1時間35分

プログラム1

20分

(10:05~10:25)

挨拶・教育目標

説明者:校長

今年創立127年になるが、女性の全人教育を目指す精神は今でも教育目標として受け継がれている。創立110周年の時から今のスクールコンセプトである「高い品性を備え、人と社会に貢献する女性の育成」を掲げている。21世紀に必要な3つの力は、「主体性」、「思いやり」、「自ら解決できる力」である。人と人をつなぎ、お互いの信頼を基によりよい社会をつくりあげる「インクルーシブ・リーダーシップ」を教育を通じて形成していきたい。

プログラム2

10分

(10:25~10:35)

学校紹介スライド

説明者:

卒業生作成による6年間の思い出(行事などの写真を音と文字をのせてスライドにしたもの)

プログラム3

25分

(10:35~11:00)

進路指導について

説明者:進路指導部教諭

進路指導の柱⇒学校目標を踏まえて、生徒一人ひとりの希望をかなえる。基本的理念⇒自分自身を理解し、自分の生き方を考え、将来に向かって自己実現を目指す。そのために、ブロック制(2学年ずつの区切り)でより具現化できるようにしている。第1ブロック 中1、中2 (自己理解)⇒友人関係をつくる、卒業生による学校生活サポート、自分史作りなど。学習においては中1で英語重点補習、中2で数学重点補習、英語分割授業、学習講座の開設、学力推移調査の実施など。第2ブロック 中3、高1 (個性の伸長)⇒進路適正テスト、保護者協力による職業アンケート、キャリアガイダンス、3分間スピーチ、卒業生の進路講演、オープンキャンパスへの参加、進路学習委員の活動、課題研究、学習においては、国語重点補習、英語分割授業、学習講座の開設、学力推移調査の実施など。第3ブロック 高2、高3 (自己実現)⇒理系文系に分かれての授業、オープンキャンパスへの参加、学習においては、豊富な選択科目で受験科目に対応、全国模試、センター試験出願の説明会など。高3の9割が出願する。進路の結果⇒4年生大学合格者、比率とも昨年増。毎年、東大、東工大、一橋大など超難関国公立にも合格している。

プログラム4

20分

(11:00~11:20)

国際学級の英語について

説明者:国際学級英語ネイティブ教諭

1学年6クラスのうち1クラスが国際学級。6年間クラス替えなし。国際学級は帰国生も一般生も受験が可能。独自の英語カリキュラムで実践的で高い英語力の育成を目指す。中1、中2はクラス担任2名制で手厚くサポート。英語の授業は週8時間(高校は週6時間)、1グループ10~15名程度の少人数習熟度別で行う。英語以外のカリキュラムは一般学級とほぼ同じ。行事、部活などは一般生と一緒に行う。高1の希望者からアメリカの提携校への留学制度もある。

プログラム5

10分

(11:20~11:30)

理科教育の取り組み

説明者:理科主任教諭

受験、観察を中心とした授業を展開。理科授業の80%が実験授業。身近なものをテーマにし、生徒の興味喚起を行うことで理科を好きになってもらう。5つの理科実験室があるので中1~高3まですべての学年で実験ができる。安全指導の徹底。校内でビオトープ観察ができる。女学館には理科好き生徒が多く、理系志望が多いのも特徴。高2文理選択では、5クラス中2クラスが理系、医療系が50%前後。

プログラム6

10分

(11:30~11:40)

学校生活と入試全般

説明者:広報室長

学校6日制 平日6時間 土曜日4時間、週34時間授業。1学年6クラス(うち1クラスは国際学級)、1学級約42名、8時25分朝礼、下校16時30分、クラブ下校17時40分、クラブ活動は中1、中2は必修。クラブ活動は月~金が原則、諸規則1スカート丈、頭髪はルールあり 2登下中校の無断立ち寄り禁止 3芸能活動禁止 4携帯電話は許可制。入試の傾向と対策⇒算数:計算問題を確実にすること。過去問をたくさん解く。国語:中学で学んでいける基礎的な知識、読解力をはかる。理科:じん蔵、バイオマスエネルギーなどあまり見かけない問題だが、問題をじっくり読めば解ける問題である。社会:教科書レベルの問題、日頃からニュースを見たり、文章になれておく。昨年からの変更点⇒すべての回の受験出願をWEB出願のみとする。

質疑・相談等

質疑応答個別相談
なし あり

見学

校内見学授業見学
あり:11:40~12:10 あり:11:40~12:10
  • この学校の説明会情報
  • 説明会・イベントカレンダー

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る