• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

この学校の資料請求をする

たまがわせいがくいん

玉川聖学院中等部 

学校詳細

建学の精神、教育理念

信仰・希望・愛

聖書にもとづく教育理念「信仰・希望・愛」を掲げている。この教育理念のもと、教育方針として、「かけがえのない私の発見」「違っているからすばらしいという発見」「自分の可能性、使命の発見」――3つの柱を据え、社会で活躍できる女性を育成する。

教育の特色

20年超の歴史をもつ高校の「人間学」

土曜日午前中に本校の大学生OGが中等部生徒の個人指導を実施している。英語・数学は中1から習熟度別授業を実施。高2で文系・理系に分かれ、選択授業や習熟度別授業などによって一人ひとりの特性を伸ばしていく。
英語・国際教育の一環として、中1からネイティブ教師による少人数英会話を実施。校舎内のEnglish Loungeでは、いつでもネイティブ教師を相手に会話力を磨くことができる。「5」の付く日は「Let’s 語 Day」。朝の礼拝は英語バージョンで行われ、丸一日英語での日常会話が奨励される。
中3は「まとめテスト」と「修了論文」の執筆と発表に取り組む。3年間で得た知識と総合力を生かして、テーマ設定、調査、パソコンを使った論文作成まですべて自分で行う。生徒全員に全教員がマンツーマンでサポートする体制をとる。
高1~2の「人間学」は、キリスト教の世界観に立ち、学ぶことの意味や生きる目的について考える授業。1993年の設置以来、同校の教育を特徴づける総合教科だ。生徒たちは、グループディスカッション、個人研究発表、グループ研究発表などを通して、高い構成力やプレゼンテーション力を身に着けていく。

施設設備

全館耐震構造、バリヤフリーの新校舎完成

2004年に全館耐震構造、バリヤフリーの新校舎が完成。施設も充実している。特別教室棟には、実技教科や選択教科のための設備が集合。コンピューター室、実習室には、クラス全員のためのノートパソコンを完備。図書館は情報センターとしての役割を担い、デスクトップ9台、ノートパソコン50台設置。司書2名が常駐。研究課題の調べものや発表準備、グループワーク、各教科の授業などでフル稼働している。

学校行事

体育祭で高3が創作ダンスを披露

体験的な行事が数多く行われている。4月の体育祭(駒沢屋内球技場)では高3が創作ダンスを披露、5月にはオリエンテーションキャンプ(中1)、山中湖環境学習(中2)、鎌倉自主研修(中3)、Christ for Lifeキャンプ(高1)、一泊旅行(高3)、6月はに音楽会(みなとみらいホール)、9月には学院祭、10月にはJキャンプ(中1・2合同)、オーストラリア修学旅行(中3)、韓国修学旅行(高2)、12月には施設訪問ボランティア、クリスマス礼拝、1月には英語暗唱大会、修了論文発表会(中3)、創作ダンス発表会(高1)がある。

部活動

中等部はクラブ活動が必修

クラブ活動は必修となっている。週1回から週4回まで活動の仕方は多様で、生徒各自のペースに合ったクラブを選ぶことができる。高校は自主参加。
運動部には、新体操部、硬式テニス部、ダンス部、卓球部など。文化部には、ギター部・マンドリン部、ハンドベル部、手芸部、ウィンドオーケストラ部、美術部など。同好会には、文芸同好会、自然科学同好会、ストリートダンス同好会などがある。

進路指導

明治学院大学と高大連携教育事業を締結

玉川聖学院では、明治学院大学と「高大連携教育事業に関する基本協定書」を締結しており、大学からの出張講義、限定オープンキャンパス等の教育協力、16名の指定校推薦特別枠が設けられている。このほか数多くの大学指定校推薦を受けることが可能だ。
学習サポートも充実しており、各種講座(センター試験、難関大入試、志望理由書、自己推薦書対策等)は、年間約50講座。長期休業中には補講や集中講座を設置。面接指導、小論文指導は個別に対応する。高1~高3は自習室を夜7時半まで利用可。
2017年度の大学合格実績として、国公立大学は東京学芸大。私立大学は、慶應義塾大、上智大、ICU、青山学院大、立教大、中央大、法政大、津田塾大、東京女子大など。医歯薬看護系は北里大、東京薬科大、日赤看護大、昭和薬科大、東京保健医療大、東京医科大など。

その他

高校で3週間のフロリダ英語研修、韓国修学旅行など

高校では、実りある体験学習が充実している。7月に実施する3週間のフロリダ英語研修は、希望者から選抜された40名が参加。生徒たちはそれを目標に真剣に英語を勉強する。全員で体験する施設訪問や、有志による夏のボランティアワークキャンプ、被災地訪問ボランティアキャンプも刺激的な体験だ。夏のバイブル・キャンプに参加すれば、聖書を通して自分と自分の未来にじっくり取り組むことができる。
秋の韓国修学旅行は、国際社会の課題を身近に考える絶好の機会となっている。また、春に韓国相互ホームステイも実施している。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る
  • 資料をもらう