• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

女子校

この学校をブックマークする

しらゆりがくえん

白百合学園中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

弱者のために使命を果たすカトリックの教え

1881(明治14)年創立のカトリックの女子校。母体となった修道会の発祥の地であるフランスをはじめとした各国出身のシスターが集い、国際色豊かで、グローバルな伝統を築いてきた。修道会は、創立当時、児童養護施設や診療所も設立。一人ひとりに手を差し伸べるその精神は、今も息づいている。
校訓は「従順」「勤勉」「愛徳」。弱い立場の人のために、自分の能力を使うことに喜びを見出す女性を育てる。ベースにはカトリックの愛の教えがあり、生徒は、祈りに始まり祈りに終わる日々を過ごしている。

教育の特色

キリスト教、英仏語、国際教育がベース

キリスト教を通じた心の教育に重きを置く。生徒一人ひとりが自己肯定感を育み、社会に必要とされ役に立てることの喜びを知り、将来人々の幸せのために貢献できるよう導く。
生徒全員が英語、フランス語の2ヶ国語を学ぶのも同校ならではの特徴。フランス語の学習を通じ、ヨーロッパの多様な文化に触れ、世界への関心を高める。フランス語は、外交、芸術、科学など多くの分野において使われる言語でもある。英語以外の言語を覚えることで、国際社会で活躍の場が広がっていく。
また、多くの国際交流の場を用意。アメリカの伝統ある女子大学であるスミスカレッジの「女子グローバル人材養成プログラム」では、共同生活を送り、学生たちと意見を交換。互いに意識を高め合う。ハーバード大などの大学訪問も実施する。帰国後「海外の大学に行きたい」「アメリカに留学したい」など刺激を受ける生徒も多い。「日仏短期交換留学プログラム」では、3週間フランスにホームステイ。生きた語学を学び、異文化を体験する。
一方で、能楽、歌舞伎、文楽、お琴、書道などの伝統文化に触れる機会も重視。グローバルな時代だからこそ、日本人としてのアイデンティティを確立し、国際社会で活躍する人材を育成する。

施設設備

4室ある理科室が理系への興味を掻き立てる

全教室にWi-Fi環境とスクリーンを整備。タブレットPCを活用し、双方向の授業を行っている。一方、木のぬくもりが感じられる校舎には、40年以上大切に使われてきた伝統ある雰囲気が漂っている。
地下には広い体育館があり、冷暖房完備。理科室は物理、化学、生物、地学に対応した4室があり、中学3年間で約100回もの実験・観察が行われる。また、音楽関係の教室も3室あり、多様な興味を育む設備が整っている。

学校行事

3か月かけて曲を仕上げる合唱祭は感動の行事

コンクール形式の合唱祭は、プロの音楽家が審査を行う。曲決めに始まり、クラスで3か月練習を続ける。気持ちを1つにして歌い終わった時の感動は一生の宝物になる。
球技スポーツ大会では、生徒自身で練習を計画し、ノートに記録し、改善していく。得意な生徒だけが活躍するのではなく、苦手な生徒に教え、全員で努力するあたたかい光景が見られる。
学園祭では「おもてなし」の精神を発揮。学年、委員会、クラブの他有志団体による発表も多く、とても盛り上がる。

部活動

ボランティア、演劇、音楽、運動が盛ん

創立当時から続く奉仕活動は「小百合会」という部活動としても受け継がれている。手芸品をつくってバザーで売って施設や団体に寄付したり、夏の合宿では箱根の児童養護施設で過ごしたり、講演会を開催したりするなど活発に活動。
演劇部は、日本語、英語、フランス語の3つがあり、いずれも人気。音楽のクラブも、器楽、弦楽、声楽、筝曲、ギターとバラエティ豊か。
手を抜かずに一生懸命取り組む生徒が多く、実績を残している。囲碁・将棋部は、2017年夏の囲碁全国大会で優勝を果たした。運動部の活動も盛んで、多くの大会で入賞している。

進路指導

医療系分野への進学が増加

あらゆる教育活動がキャリア教育とつながっている。大学合格がゴールではなく、社会に出る姿を見すえ、進路を定めていく。
中学では、プロのスタッフによる演劇のグループワーク、フジテレビの湾岸スタジオでの番組制作、留学生との交流など、多彩なキャリアプログラムを実施。外の世界に視野を広げ、コミュニケーション能力を高めていく。高校では、大学の模擬授業、卒業生の講演、個別面接などによって、生徒一人ひとりの進路を支えていく。
近年、理系に進む生徒が増加。なかでも医療系に進む生徒が多い。背景にあるのは「人のために」という使命感。実際に、救命救急医やへき地医療など、困難の多い仕事に就く卒業生も多い。それがまた、生徒たちのよきモデルとなっている。

その他

90年以上続く伝統の制服に強い愛着

90年以上基本的なデザインが変わらない制服に、生徒は強い愛着を感じている。先輩から脈々と受け継いできた制服が、誇りとなっている。
海外帰国生入試には、30年以上の実績がある。各学年に10名あまりいる帰国生の存在は大きく、個性を大切にし合う空気につながっている。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る