• HOME
  • 学校検索
  • スタディチャンネル
  • 特集
  • 説明会・イベントカレンダー
  • 入試カレンダー
  • 受験の基礎知識

私立中学

共学校

この学校をブックマークする

うえのがくえん

上野学園中学校 

学校詳細

建学の精神、教育理念

指導目標は「学習の習慣」「基礎学力の充実」など

日々の実践徳目として「親切と努力」を掲げている。指導目標として「学習の習慣を確立し、基礎学力の充実と定着をはかる」「基本的な生活習慣を確立し、充実した学校生活の推進をはかる」「健康安全指導を重視する」ことを中心に、特別教育や道徳教育なども積極的に行っている。

教育の特色

国公立大学や難関私立大学をめざすコースを設置

2015年度より新たな学びがスタート。「アドヴァンスト・コース」は、国公立大学や難関私立大学をめざすコースで、高1までは中高一貫生のみのクラスとなる。国語・数学・英語の授業時間を十分に確保し、中3では高校の内容に進む。「プログレス・コース」は、十分に確保した授業時間数ときめ細かな学習指導により、徹底した基礎学力を育成する。
高校は普通科と、併設の音楽大学である上野学園大学の特色を活かして音楽科を設置。普通科は、特別進学αコース・βコース、総合進学コースに分かれて学ぶ。特別進学αコース・βコースは、国公立大学や難関私立大学をめざし、高1・高2は7時間目授業、高3は予備校講師による講習などを行う。
総合進学コースでは、情報・福祉・介護・栄養・芸術・スポーツなど幅広い分野の4年制大学めざし、多様な選択科目を設置。朝学習、予習、復習、補習などを通して基礎学力を定着させる。成績により高2から特別進学コースに進むこともできる。
上野学園中学校の独自の教育として「上野公園フィールドワーク」と「ひとり一つの楽器」があげられる。前者は、東京国立博物館や国立科学博物館、国立西洋美術館などを学習の舞台に調べ学習・発表を行い、課題発見力やプレゼンテーション力を育成する取り組み。後者は、フルート、クラリネット、サクソフォン、トランペット、ビオラ・ダ・ガンバ、リコーダーから各自1つの楽器を選び、上野学園大学の専門の先生から指導を受ける学び。上野学園石橋メモリアルホールでの発表会も開催。この学びを通して楽器を演奏する喜びを味わい、豊かな心を育んでいく。

施設設備

強固な地盤に耐震設計の校舎・防犯も強化

最新の耐震設計による新校舎を建設。キャンパスを支える地盤は、調査により極めて強固であることが確認されている。エレベーターは大地震の初期微動を感知し、最寄り階に止めるシステムを装備。食料や簡易トイレなどの災害備蓄も行っている。また、24時間体制のセキュリティーシステム(SECOM)で学校全体のセキュリティーを確保している。校舎ゲートも関係者以外は通過できない。
全教室にAV機器とグランドピアノを設置。広々とした食堂、自習室、最新コンピュータシステム完備のICTルームなど施設も充実。優れた音響効果で名高い上野学園石橋メモリアルホールは年間を通して演奏家によるコンサートが開かれ、上野学園中学校の生徒も舞台に立つ。

学校行事

英語コンテストやニュース検定

校外学習や検定など学習関連行事、宿泊行事が充実。4月には中1オリエンテーション合宿。6月には英語コンテスト、7月には国立科学博物館見学、9月には桜鏡祭(文化祭)、10月には体育大会がある。
学内模擬試験、英検、数検、漢検も年数回実施。大学入試に役立つニュース時事検定にも取り組む。高校では加えてAO入試や推薦入試に対応する小論文テスト、TOEIC Bridgeも行う。

部活動

トランポリン部は全国大会で優勝

運動部は、テニス部、野球部、バトン部、サッカー部、ダンス部など。トランポリン部は全国高校選手権団体優勝、埼玉県大会個人優勝など各種大会で活躍している。
文化部はアニメーション部、英語部、鉄道部など。吹奏楽部は上野学園大学の先生や学生から指導を受け、コンクールなどで活躍。同好会は囲碁・将棋同好会、オーケストラ同好会など。

進路指導

東京藝大、東京医科歯科大など幅広い進路実績

大学受験を中心に、教養講座など学習支援を強化。国語・数学・英語の放課後特別講座は、中1から開講。高3のハイレベル講座は大手予備校講師が担当する。夏期・冬期休業中は、英語・数学・国語で授業の復習や大学進学のための講座、英検講座、百人一首を楽しむ講座や体育系の講座などを実施する。
自習室は中学生は18時まで、高校生は20時まで利用できる。
近年大学合格実績が着実に伸び、現役進学率は80%近くに上る。進学先も文理、芸術系と幅広く、東京藝大、東京医科歯科大、慶應義塾大、國學院大、東京農業大、千葉工業大、女子美術大、多摩美術大、愛知医科大、帝京医科大、北里大、日本医療科学大などに合格者を輩出している。

その他

より受けやすく、多様な入試へ

教育目標を「21世紀のグローバル社会で活躍する人材の育成」と定める上野学園。急速に進むグローバル化や2020年からスタートする大学入試改革に対応するべく、知識・技能はもとより思考力・判断力・表現力、主体性・協働性・多様性を育む教育に力を入れる。
従来通りの2科・4科型入試で基礎学力・応用力を持った生徒たち、思考力や総合的な力を持った生徒たちを迎えるのに加え、自分の得意分野を持った生徒や、教科以外の経験から自分を表現できる生徒も視野を広げて評価。従来の枠にとらわれず、受験生の多様な可能性を評価し、受け入れていく方針を定めている。

この学校の

  • 説明会・イベント情報を見る